So-net無料ブログ作成
検索選択

むずむず脚症候群の適応症を国内初取得―日本ベーリンガー(医療介護CBニュース)

 日本ベーリンガーインゲルハイムは1月20日、パーキンソン病治療薬ビ・シフロールがレストレスレッグス症候群(RLS、むずむず脚症候群)の追加適応症を取得したと発表した。RLSの適応症を取得した医薬品は国内初。

 RLSは、脚の内部に異常感覚が起こり、脚を動かしたいという強い欲求が生じる神経疾患。日本人の有病率は2-5%で、このうち日常生活に支障を来している重症患者は200万人に上るという。また、眠れずに困っている人の約10%はRLSが原因という。

 症状は「むずむずする」「虫がはっている」「ピクピクする」「ほてる」「かゆい」などさまざまで、多くがRLSであることが分からずに苦しんでいるのが実情だ。


【関連記事】
アステラスがむずむず脚症候群治療剤を承認申請―潜在患者390万人
国内初のむずむず脚症候群治療薬を承認へ―厚労省
「肺の生活習慣病」受診率は1割未満
糖尿病治療薬市場に本格参入へ―中外製薬
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング

小沢氏、記者団に「何も職を辞する必要もない」(産経新聞)
<小沢幹事長>聴取後に行った記者会見の要旨(毎日新聞)
輸入新型インフルワクチンを特例承認へ―厚労省(医療介護CBニュース)
ノコギリ、マスクの無言女がコンビニ強盗(読売新聞)
<不起立教員>「神奈川県教委は氏名収集停止を」 審査会(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。